ゲーム・趣味

タクティクスオウガリボーン クリア感想 かなり面白いSRPGの名作リメイク

スポンサーリンク

タクティクスオウガリボーン クリア感想 かなり面白いSRPGの名作リメイク

tamayurakun

tamayurakunです。

今日の記事は、タクティクスオウガリボーンをクリアしたので、クリア感想記事です。

タクティクスオウガリボーン 序盤感想 話題の名作のリメイク作タクティクスオウガリボーン 序盤感想 話題の名作のリメイク作 タクティクスオウガリボーンの序盤感想記事です。...

タクティクスオウガリボーンは、スクウェア・エニックスの伝説の名作シュミレーションRPGです。

結論から言いますと、タクティクスオウガリボーンはかなりのやり応えのある面白いシュミレーションRPGで、人は選ぶがかなり面白い神ゲーだと思います。

詳しく見ていきましょう。

タクティクスオウガリボーン クリア感想

タクティクスオウガリボーンをクリアして思ったのは、序盤感想の時と印象がかなり変わったということです。

序盤感想の時は、バフカードとレベルキャップがかなりマイナスな印象でしたが、ストーリーを進めていくうちに、

かなりの歯ごたえと、やりやすさを感じるようになりました。

レベルキャップがあり、レベルの上限が決められていたので、レベルをこれぐらいに上げるというのが、

わかりやすいというのがいいかなと思いました。

ストーリーが、4章あるんですが、2章のボスと3章がきつい印象でしたが、

4章になるとかなりやりやすい戦闘レベルになっていました。

なので、中盤が一番きつい印象でした。

自分にとって一番の難所だったレオナール戦。

バフカードもだんだんと慣れてくれば、戦況を変えるカードとして、機能していると感じるようになりました。

確かに、かなりの歯ごたえのあるボスがいるのは感じましたが、工夫で何とかなる印象があります。

自分は、タクティクスオウガを初めてプレイするので、

最初から攻略サイトを参考にしました。

仲間にするフラグなどが難しいと思っていたので、参考にしました。

なので、ストーリーのネタバレはしなくて仲間をするのを中心や、レリック武器や禁呪などの魔法を参考にして攻略しました。

死者の宮殿やクリア後の追加ストーリーなどを今やっているところです。

クリアしてもまだまだ楽しめそうなので、エンドコンテンツなどもありかなりのやり応えがあると感じます。

あとオート戦闘が結構使えます。

オートでレベル上げや、死者の宮殿がB100階以上あるので、何かをやりながら等ゲームを出来るのは良いです。

ただ、死者の宮殿などのダンジョンは、穴があるので一発ロストを避けるために、対策や、

オートばかりを頼ってはいけないとは思います。

自分は、ロウルートでクリアしました。

ルートは、ロウ・カオス・ニュートラルの3種類あり、

ルートによって仲間になるならないがあります。

クリア後に、ワールドという章を行ったり来たりして仲間にしたり、やり直すことが出来ます。

なので、自分の好きなようにストーリーを進めることが出来ます。

ストーリーも王道でありながら、大河ドラマのように人間模様が複雑に入り組んで、

深みのあるストーリーでした。

自分がしなかったルートを今からプレイするのが楽しみです。

難易度選択はありませんので、人は選びますが歯ごたえのある戦闘がしたい人は、

かなり楽しめると思います。

音楽が良いので、サントラが欲しくなります

( ´艸`)

キャラクターがどれも個性的で良い。

まとめ

良い点

・歯ごたえがあって面白い戦闘

・大河ドラマのような深いストーリー

・音楽も良い

・オート戦闘でのレベル上げが楽

・キャラクターがどれも良い

気になる点

・難易度選択があったほうが色々な人が手を出しやすいと感じる

結論

タクティクスオウガリボーンは、

かなりのやり応えのある面白いシュミレーションRPGで、

人は選ぶがかなり面白い神ゲーだと思います。

最後に商品紹介です!

created by Rinker
スクウェア・エニックス

created by Rinker
スクウェア・エニックス

今日の記事は、この辺で終えたいと思います。

では、次の記事で!

スポンサーリンク