ゲーム・趣味

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オフライン クリア感想記事 ドラクエの良さを楽しめる

スポンサーリンク

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オフライン クリア感想記事 ドラクエの良さを楽しめる

tamayurakun

tamayurakunです。

今日の記事は、ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オフラインのクリア感想記事です。

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オフラインは、スクウェア・エニックスのドラゴンクエストシリーズのRPGです。

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オフラインは、

今までドラゴンクエストX オンラインだったものをオフラインで楽しめるようにしたゲームです。

PS5/PS4 ・NintendoSwitch ・Steamで発売しています。

結論から言いますと、ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オフラインはドラゴンクエストらしい面白いストーリーと戦闘・キャラクター・音楽など楽しい。しかし、やり込み要素の討伐依頼書などでのアイテム入手のやり方はあまりよくないと思う。

なるべくネタバレなしで、書きたいと思います。

詳しく観ていきましょう!

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オフライン クリア感想

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オフラインは、クリアして思うことは、やはりドラクエは、面白いということです。

元々、ドラゴンクエストXはオンラインゲームでした。

それをオフラインで楽しむことができるというのは、自分のようにオンラインということで、

ドラクエXをしてこなかった人にとって、ドラクエXをプレイすることが出来て良かったと思えました。

オフラインということで、自分一人でいつものドラゴンクエストをやるということを出来るのは、

このオフライン版になったことでドラクエXを知ることが出来て良かったです。

戦闘・キャラクター・音楽・ストーリー。

どれをとっても満足のいくものになっていました。

戦闘や移動などのストレスもほとんどないようなやりやすい作りになっていたと思います。

PS5版でプレイしていたんですが、ロードも速くて良かったです。

キャラクターメイクもできるのも、個性が出せて良かったと思います。

最初、2等身のキャラクターに戸惑い、普通の等身でプレイしたかったと思ったんですが、

2等身のキャラクターも可愛らしくていいかなと、クリアするときには思っていました。

ストーリーは、ネタバレになるので言えないですが、とても面白く、続きがあるような終わり方をしました。

実際、デラックス版では、次の大型ダウンロードコンテンツの眠れる勇者と導きの盟友のプロダクトコードもついていました。

デラックス版を購入していない人でも、DLC(ダウンロードコンテンツ)を買えばプレイできます。

オンラインでは、まだまだ続きがあるのはわかるんですが、果たしてどこまでオフラインで、

出来るのか?

気になります。

できれば最後までプレイしたいです。

眠れる勇者と導きの盟友は、2023年予定なので楽しみにしたいと思います。

ストーリーをクリアした後なんですが、色々なやり込み要素がありそうです。

ただ、最強の武器などを作るには、フレンドという酒場で討伐依頼書を受けることが出来るようにならないと、

手に入れることが出来ないのは、どうなのかな?

と感じました。

ストーリークリアには必要ありませんが、どうせなら最強の武器を作りたいと多くの人が思うと思うんですが、

武器作成の素材の入手が、討伐依頼書からしかできないというのは、フレンドを作らなければならなくて、

SNSや、掲示板なので募集をすればフレンドを作れるけど、やり方が複雑かなと感じました。

この点は、少しマイナスポイントかなと個人的には思いました。

まあ、やり込み要素なのでストーリーをクリアする分には問題がないので、

あまり大きなマイナスポイントではないと思います。

オンラインもやってみたいと思うことが出来ました。

オンラインにも興味を持てたのは、良い点かなと思います。

まとめ

良かった点

・ストーリー・戦闘・音楽・キャラクターどれもドラクエらしくて面白い

・戦闘や移動などのストレスもほとんどないようなやりやすい作りになっていた

・キャラクターメイクもできるのも個性が出せて良かった

・大型DLCが楽しみになった

・オンラインにも興味が持てた

気になる点

・やり込み要素の討伐依頼書での材料集めが少し面倒で残念だった。

結論

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オフラインはドラゴンクエストらしい面白いストーリーと戦闘・キャラクター・音楽など楽しい。

しかし、やり込み要素の討伐依頼書などでのアイテム入手のやり方はあまりよくないと思う。

最後に商品紹介です。

今日の記事は、この辺で終えたいと思います。

では、次の記事で!

スポンサーリンク