ゲーム・趣味

バイオハザードヴィレッジ クリア感想 久しぶりのバイオかなり面白かった!

スポンサーリンク

バイオハザードヴィレッジ クリア感想 久しぶりのバイオかなり面白かった!

Google画像転載

tamayurakun

tamayurakunです。

今日の記事は、バイオハザードヴィレッジをクリアしたのでクリア感想を書いていきたいと思います。

バイオハザードヴィレッジは、カプコンのバイオハザードシリーズの1人称のサバイバルホラーの最新作です。

PS4PS5で発売しています。

自分は、PS5版のZバージョンをプレイしています。

バイオハザードヴィレッジ プレイ感想 久しぶりのバイオの世界観にハマる!バイオハザードヴィレッジ プレイ感想 久しぶりのバイオの世界観にハマる! バイオハザードシリーズを久しぶりにプレイしたので、プレイ感想記事です。...

結論として、バイオハザードヴィレッジはホラー要素と1人称のアクションに家族愛を感じるストーリーが見事に融合された完成度の高いゲームで、いろいろな人にオススメできる名作と感じるゲームでした。

ストーリーのクリア感想

ストーリーは、最初の導入部分であるベイカー邸の惨劇から数年後。(自分はプレイしていないんですが、前作のバイオハザード7の物語。)

事件から生還したイーサン・ウィンターズは新たな家族と共に平穏な日々を過ごしていた。

奥さんのミアと、娘のローズ

しかし、平穏な生活はクリス・レッドフィールドの襲撃によって破られる。

奪われた娘を取り戻すために、イーサンは再び死地へと向かうのです。

これが大まかなストーリーです。

前作と今作の主人公のイーサン・ウィンターズは、自分の娘を取り戻すために不気味な村に行きつきます。

Google画像転載 主人公 イーサン・ウィンターズ

その村で起こる出来事と娘を取り戻すために、色々な化け物たちとの戦闘をしていきます。

ストーリーをクリアして感じたことは、家族愛を描いているというのを感じました。

ネタバレをなるべくしないで感想を書いていきたいと思うので、具体的には書けないですがとても心を打たれる最後でした。

主人公のイーサンは、ただの一般人ですが一生懸命に娘を取り戻すために、化け物たちに挑んでいきます。

Google画像転載 村を治めるマザー・ミランダ四貴族

マザー・ミランダと四貴族はどれも不気味で強い存在です。

イーサンの奮闘ぶりに頭が下がる思いでした。

家族を助けたい一心で、色々な化け物たちに挑んでいくイーサンは、特殊部隊のクリスとは違い一般人なのですが、不器用でも懸命に化け物たちに挑んでいくことで、

どんどんにイーサンに感情移入していくことになります。

クリアする頃には、イーサンの物語に心を動かされていることを気づくと思います。

クリアして感じたのは良く出来たストーリーだったと思います。

自分のように久しぶりにバイオをプレイした人にも、十分楽しむことができる作品と感じました。

ゲーム全般の感想

1人称のアクションだったので、メトロエクソダスみたいな感じのアクションと感じました。

ただ、主人公のイーサンが一般人だったからか少しアクションの動きが遅いと感じる場面がありました。

PS5のハプティックトリガーの機能により、R2ボタンのトリガーが重くなったりしてリアル感がありました。

ただ、PS4などになかった機能でラスボスなどの戦闘の時にトリガーが重いと感じることで少しストレスを感じました。

スムーズにボタンを押せている感覚がなかったからです。

しかし、戦闘の臨場感は増していました。

コントローラーの振動なども臨場感を増していました。

映像は、基本的に薄暗い不気味な感じの色調なので、暗いところが見づらいと感じる場面がありました。

これは、画面設定の調節で少しは改善するかもしれません。

これらの細かい不満点はありましたが全体的には、あまり不満点はなくかなり完成度の高いゲームと感じました。

村が舞台ということで、閉塞感がある状況に強制的になりその状況からいかに抜け出すか?

娘を取り戻すために、早くこの環境から抜け出すことを目指します。

セーブは、オートセーブとシリーズおなじみのタイプライターによる任意のセーブがあり細かくセーブができるのでストレスなくプレイできました。

タイプライターでやるセーブはシリーズのお馴染みです。

デュークのショップがあり、アイテムの売買や武器の強化などができて結構武器の強化が面白かったです。

デュークのショップ

アタッシュケースにより持ち物を管理するんですが、最初はかなりアイテムの取捨選択が難しかったですが、

拡張できるようになった後半は、結構余裕がありました。

アタッシュケースの武器管理画面

まとめ

バイオハザードヴィレッジは、プレイ時間は10時間とちょっとでしたがとても面白く集中してプレイしました。

プレイも周回プレイも想定しているのでこれぐらいのプレイ時間でちょうどいいと思いました。

バイオハザードヴィレッジは、家族愛をテーマに作られているストーリーでとても考えさせられるストーリーでした。

クリアして感じたことは、とても濃縮されたゲームプレイで楽しくプレイ出来たことの満足感でした。

バイオ1、2をプレイしてからだいぶ経っていたんですが、とてもバイオらしくて面白いと感じました。

次回作があればプレイしたいです。

PS5を買ったときにPSPlusコレクションでバイオハザード7をダウンロードしてあるので、暇なときがありましたらプレイしたいと感じています。

結論

バイオハザードヴィレッジはホラー要素と1人称のアクションに家族愛を感じるストーリーが見事に融合された完成度の高いゲームで、いろいろな人にオススメできる名作と感じるゲームでした。

最後に商品紹介です!

バイオハザードヴィレッジは、とても良く出来たサバイバルホラーゲームです。

いろんな人にオススメできるゲームなので、プレイされてはいかがでしょうか?

今日の記事は、この辺で終えたいと思います。

では、次の記事で!

スポンサーリンク